• トップ

インプラントに適齢期はあるのか

インプラントを行う年齢とは

インプラントを行う適した年齢

事故や口内トラブルが原因で10代の内に抜歯を行う必要がでてきてしまった場合、一部を差し歯にしてしまうと目立つ部位の場合見た目が悪くなるなど審美的な問題が発生してしまうので、若い女性や男性は自分自身に自信を持てなくなってしまう方も少なくありません。そのため保険診療外の治療方法であるインプラントは10代のうちから受けても良いのだろうかと感じる方も少なくありませんが、10代の内にきちんとインプラント治療を受けることで得られるメリットは複数あります。まず見た目がほぼ他の歯との違いがわからないので、美しい歯並びに仕上げることが出来る事と、入れ歯と違い周りの歯に支えられる差し歯やブリッジとは異なるので、入れ歯の洗浄を行う必要が無い事、そして噛む力を衰えさせる心配がないのでインプラント治療を行う事で得られるメリットは豊富にあるのです。特に10代は体の成長に合わせて、顔の骨格もしっかりしてくる大切な時期でもありますので、きちんと食事を噛む力がないと顎の発達に影響が出て、歯並びが悪くなったり顎が細くなってしまう恐れがあるため、子どものうちからしっかり治療を行うことで、顔の骨格を正しく成長させることが出来るメリットがあります。

↑PAGE TOP