トップ

ふくらはぎと冷え性

足のむくみと冷え性の関係

足のむくみと冷え性とは

だるさや重さに加え、痛みまでともなう足のむくみ。辛いむくみの症状にサヨナラして快適な毎日を過ごしたいと、多くの女性が願っていることでしょう。そんな女性に知ってほしいのが、冷え性のおすすめ改善情報です。

「むくみと冷え性に何か関係があるの?」と、不思議に思われるかもしれませんね。これが、関係大アリなのです。冷え性と足のむくみの関係を知るために、まずはむくみの原因に目を向けてみましょう。

むくみの原因となるものは多数ありますが、運動不足と筋力低下はその最たるものといえます。特に足のむくみの原因となりやすいのが、ふくらはぎの筋力低下です。ふくらはぎの筋肉は、老廃物や水分を上半身まで送り出す役目を担っています。ところがふくらはぎの筋肉が弱くなると、これら余分なものが下半身に蓄積してしまうのです。

下半身に残った老廃物や水分は皮膚下に溜まり、足をむくませてしまいます。以上のような理由から、運動不足が足のむくみに繋がるのです。ただ、運動習慣のある女性の中にも、むくみに悩んでいる方は多数おられるはず。この場合は、別の原因を探らなければなりません。

そこで疑ってみて欲しいのが、先に登場した「冷え性」です。冷え性は、血行不良が原因で起こるとされています。血行が悪くなった結果として、手や足などに冷たさを感じるのです。

冷え性をともなう足の血行不良は、血液循環とリンパの働きを弱めさせます。すると下半身に老廃物を溜まりやすくなり、辛い足のむくみが発生するというわけです。付け加えていうと、足のむくみは冷え性を助長してしまいます。むくみによって筋肉の動きが制限された結果、より血行が悪くなって冷え性が悪化するのです。

以上の説明で、足のむくみと冷え性の関係性を理解していただけたでしょうか。体の不調の原因は、意外なところにあるものです。もし足のむくみに悩んでいるなら、運動不足解消と冷え性の改善に取り組んでみてください。