• トップ /
  • 歯を失ったらインプラント

早い対策が功を成すインプラント

歯を失ったらインプラント

インプラントで快適な食生活

歯を失ってしまっても、まだ歯根が残っている状態であれば歯科医院で義歯を被せるという方法が残されています。しかし、土台となる歯が残されていなければ被せることはできません。高齢になれば、歯周病にかかったり虫歯によって歯を失うこともありますが、10代であっても虫歯を放置していたり歯周病にかかることもあり、またスポーツや事故などで怪我をして歯を失うこともあります。歯科医院でも近年新しい治療方法でもあるインプラントであれば、人工の歯根から作ることができるので、快適な食生活に戻すことができます。けれども、どんな人でも治療を受けることができるわけではありません。骨の状態によっても人工歯根を埋め込むことができないケースもあり、また10代となるとインプラントは行わないという歯科医院も多いものです。骨の成長は20代に入ってからも続いているという人もおり、それによって生えている歯が動いて人工歯根にトラブルが発生することになります。10代となるとインプラント治療は難しいものであり、骨の成長が止まってからの治療がすすめられています。それまでの間は、ブリッジをかけたり入れ歯を入れるなどの治療方法で行われることになります。

↑PAGE TOP