• トップ /
  • 10代インプラントのデメリット

インプラントのデメリットとは

10代インプラントのデメリット

10代でインプラントは早すぎる

インプラントをする場合、顎の骨に埋め入れる手術が必要なので、若い10代の人が施術を受けるのはデメリットが大きすぎます。成長途中の時に処置すると骨の部分の成長をとめてしまうことになりかねないので、骨の成長が止まるまで待ってからインプラントを受ける方がよいでしょう。手術費が高く、手術には危険が伴うので10代からするのはオススメできず、手入れをきちんとできないと抜けるデメリットもあります。また術後は定期的にメンテナンスに通う必要があるので、基本的に10代でインプラント手術を受けるのは早すぎます。土台を埋め込むには顎の骨に穴を開ける必要があるのですが、その時に太い血管を傷つけてしまうと大量出血するデメリットもあります。きちんとした歯医者を選んだ上で施術を受けないとインプラントで失敗するかもしれません。手術には危険が伴うので、ちゃんとした設備があって、腕の良い歯医者がいるところで受けることが絶対条件になります。そのためには、事前の下調べが欠かせません。インプラントの施術を受けるのは大人になってからで十分で、体が未発達な10代に慌てて受ける必要はありません。維持するにはきちんとした口腔衛生の管理と定期的な検診が必要なので、成人してから受けるようにしましょう。

↑PAGE TOP